SSブログ

「IDOLY PRIDE」第9話感想 [アニメ]

 EPISODE:9「もらった勇気を抱きしめて」
EPISODE:9「もらった勇気を抱きしめて」
 物語が大きく動き、いろいろと驚きの展開だった第9話。
 3年前、あの日の前日、麻奈から聴かされたという決勝で初披露するはずだった歌。その歌をさくらに歌って欲しいと言う琴乃。
 前回の琴乃のステージを見て、今ならこの歌を歌える、そしてこの歌を自分が歌うべきだと考えるさくら。
 そんな中ネットで囁かれるさくらの心臓の噂ですよ。どこから漏れ伝わったんだwと思わなくもないですが、リアルにSNSでさんざん考察されてつぶやかれていたことが作中で同じように描写されていて、視聴者もまんまと手のひらの上だった感もあって面白い。そしてそこから憶測が広まっていくというのもなんとも皮肉めいていたしイヤなリアリティーだなぁ(苦笑)とも思ったり。

 それはそうとして、自分の心臓が麻奈のものであると確信めいたものを感じてるさくら。歌を歌えるようになったのもアイドルを目指すきっかけをもらえたのもこの心臓のおかげ。まぁ正直言って麻奈がつぶやいたように「そんなばかなこと」ではあるのですが、ここにきて芽依ちゃんに麻奈が見えるというのも活きていましたし、なんといってもさくらが麻奈の意思を“感じ取る”というのは納得感を持たせる巧い描き方でしたね。

 「本当に、心の底からあなたにしか歌えない歌を歌わなきゃ、トップアイドルにはなれない」「あなたが向かい合わなきゃいけないのは、琴乃でも私でもない、応援してくれる人達」「全身全霊で向かい合わなきゃ」
 その言葉を感じ取るさくら。
 自分だからこそ麻奈の歌を歌わないといけないと語るさくらに対し、「私の歌は私だけのものだから!」と譲らない麻奈にトップアイドルとしての矜持も感じさせられました。まさに「IDOLY PRIDE」ですなぁ。

■もらった勇気を抱きしめて
IMG_0674_rs.jpg
 そしてさくらはセミファイナルのステージで歌います。麻奈が決勝で歌う予定だった幻の歌を。もらった勇気を抱きしめて。
 ついつい麻奈の心臓によって歌声やら才能やらを獲得したといったことに目が行きがちですけど、何よりさくらは麻奈の心臓によって命をもらっているんですよね。そのことに改めて気付かされたエピソードでもありました。
 「song for you」は麻奈が琴乃に届けたかった歌としても、さくらが麻奈に届けたい歌としてもどちらとも聞こえ、そしてどちらの見方をしても深いものがありますし、それに、アイドルモノでこういった楽曲がここ一番で投入されるというのもなかなか珍しいというか、挑戦的だなぁと思うところです。




【Amazon.co.jp限定】Shining Days (メガジャケ付)

【Amazon.co.jp限定】Shining Days (メガジャケ付)

  • アーティスト: 【IDOLY PRIDE】サニーピース
  • 出版社/メーカー: ミュージックレイン
  • 発売日: 2021/03/10
  • メディア: CD



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標または登録商標です。

引用の範囲を超えた無断転載・盗用等は固くお断りいたします。
(C)2010 yamakazu0215 All Rights Reserved.