SSブログ

History of LoveLive! Superstar!! 2020 [雑記]

ハロー!!!ラブライブ!
 キャストも発表され来春のデビューシングルのリリースも決定し、いよいよ本格的に始動した「ラブライブ!スーパースター!! 」。
 ちょうど良い機会なので、プロジェクト発表からのこの1年をざっと振り返ってみようかなと。
 ※雑誌掲載情報は雑誌の発売日、ツイートや動画、Webサイトの記事は記事や動画の投稿のタイムスタンプを元に日付を記載しています。予約投稿などにより実際に公開になった日付と差異がある可能性もあります。

 新たな物語の始まりはあのライブの日でした。


1月19日 ラブライブ!フェス2日目で第一報
 ラブライブ!フェスDay.2公演終了後に新シリーズプロジェクト始動の予告(文字情報のみ)がスクリーンに映し出される。詳細は1月30日発売のラブライブ!総合マガジンでとされた。

☆終演後におもむろに予告が映し出されたときは驚きと共にワクワクしましたね。また新しい何かが始まるんだって。それにしても、フェスの最後の最後にこういった予告をするというのもなかなか大胆に攻めてきたなと。あと、μ'sからAqoursがおよそ5年のスパンだったので、思い返せば確かにそろそろ次が来てもおかしくはない時期でしたね。

1月28日 公式twitterで新シリーズプロジェクト情報先行発表
 公式twitterにてラブライブ!新シリーズプロジェクトのティザーサイト公開が告知された。ティザーサイトには原宿の表参道の背景画が掲載。キャッチコピーは「私を叶える物語」。また、メインキャスト1名が一般オーディションで選ばれることが発表になった。募集開始は3月12日。

1月30日 ハロー!!! ラブライブ!
 ラブライブ!総合マガジンLoveLive!Days Vol.05に新シリーズプロジェクト開始のティザーイラスト(背景画のみ)が掲載された。

☆予告されていたG's本誌に先行する形で公式twitterから発表になった新シリーズプロジェクトの情報(おそらく不届き者による早売り流出などへのカウンターでもあったのでしょう)。μ’s、Aqoursに次ぐ新たなプロジェクト、新たな舞台、そしてなんとキャストオーディションが開催されることに遂に来たか!と思いました。歌モノの作品のメインキャストを一般オーディションで選ぶこと自体は、例えばマクロスシリーズがマクロスF(中島愛)やマクロスΔ(鈴木みのり)の歌姫オーディションで行ってきたことで、特段珍しいことではありません。そしてラブライブ!の作品のコンセプト的にもいつかは来るだろうなと思っていたんですよね。そのうえでの「私を叶える物語」ですよ。Aqoursの時の感想でもFF10に例えて「これはお前の物語だ」みたいなことを書きましたけど、今回はまさに「あなたの物語」になるわけです。あと、ハロー!!!ラブライブ!っていうフレーズが可愛くて好きだし、新プロジェクトの印象に大きくプラスになったと思います。

3月12日 ティザーイラスト更新
 新たなディザーイラストが公開され、多くの人々が行き交う様子が描かれたものになった(この中にメンバー5人の姿も描かれていた)。

☆この街を行き交う人々の中に未来のLiella!メンバー…「私」がいる、というティザーイラストが本当に好きなんです。ラブライブ!スーパースター!!というプロジェクトの可能性と魅力を象徴する一枚だと思います。メンバーが明らかになった後も、ここに描かれているそれぞれの姿を見てどんな子なんだろうとニヤニヤ…もとい、ワクワクしています。少し絵の雰囲気が変わったのも楽しみな要素でしたね。個人的にはかなり好みな絵柄です。

YouTubeでオーディション告知動画が公開


3月14日 ティザーイラスト新バージョン掲載
 ラブライブ!総合マガジンLoveLive!Days Vol.06でも新たに更新されたティザーイラストが掲載。

3月16日 学校名公募&オーディション課題曲投票開始
 電撃G's magazine.comで学校名の募集およびオーディション課題曲の投票が開始。

☆新設校という設定にはなるほどそうきたか!と思いました。ラブライブ!といえば「廃校」だったわけですが、今回はいったん廃校になった学校を再び新設校としたという設定。廃校というキーワードを残しつつ巧いこと仕掛けてきたなと思いましたし、全員同学年で全員1年生というのは初ですからね。例えば進級していく課程を描いて最後にみんなで卒業、なんにも無かった学校にはたくさんの後輩がいる、なんてドラマもできるわけで、いろいろと楽しみです。

4月10日 学校名投票開始
 電撃G's magazine.comで学校名の投票が開始される。


オーディション二次審査の課題曲が決定。
 オーディションの課題曲が「Snow halation」と「HAPPY PARTY TRAIN」に決定したと発表された。

オーディションの日程が延期される。


5月15日 メンバープロフィール&メインスタッフ公開
 新シリーズプロジェクトのメンバーのビジュアルとプロフィール、及びTVアニメシリーズのメインスタッフが公開された。
 監督:京極尚彦、シリーズ構成:花田十輝、音楽:藤澤慶昌のメインスタッフが再集結。キャラクターデザイン原案は引き続き室田雄平さんだが、キャラクターデザインは新たに斎藤敦史さんが担当する。

☆いわゆるオリジナルメンバー再集結というのは注目のニュースでした。μ’sの後を継いで、酒井監督とカトタツの音楽でラブライブ!の基本スタイルの継承と新たな発展を遂げたAqours。μ’sのスタイルはAqoursが次いでくれているからこそ、今度はオリジナルメンバーによって新たな原点が生み出されるんだろうなととワクワクしています。9人では無く5人というのもそう。

5月17日 YouTubeでプロジェクト紹介動画が公開


5月18日 ラブライブ!総合マガジンに学校名決定が掲載
 ラブライブ!総合マガジンLoveLive!Days Vol.07にメインキャラクター5人のプロフィールと、学校名が「結ヶ丘女子高等学校」に決定したことが掲載される。

7月14日 新シリーズプロジェクト正式名称発表
 新シリーズプロジェクトの正式名称が「ラブライブ!スーパースター!!」と発表される。公式Webサイトもオープン。

☆サンシャイン!!の次はギャラクシーでしょ!(スーパーマリオ的な)w…とか冗談で思ってたらすみれがギャラクシーだったとはw それはそうと、星や宇宙といったモチーフは大好物なので、スーパースター!!というタイトルは本当にワクワクしました。サンシャイン!!と同じく「輝き」を想起させるワードであり、何かと「月」(月は太陽の光を反射して輝く)がモチーフとして多用されたAqoursに対しての「星」という構図にも見えます。星というのは夜空に無数にあり、そしてその一つ一つは恒星、すなわち太陽と同じ輝きの存在でもあります。スーパースター!!とは頂点で輝く存在だけでなく、無数にいる星の輝きを秘めた「私たち」を意味しているともとれるのではないでしょうか。そして言うまでも無くμ’sは太陽そのものの輝きを象徴する存在です。太陽のμ's、月のAqours、星のLiella!。

7月15日 グループ名公募開始&校章デザイン投票開始
 グループ名の募集が開始される。

 ラブライブ!総合マガジンLoveLive!Days Vol.08でもプロジェクトの正式名称が掲載。また、恒例のイラストストーリーの連載もスタート。第1回目は澁谷かのんと唐 可可。また、シリーズ恒例の数字トリオ(ヒデコ・フミコ・ミカ、よしみ・いつき・むつ、の次)の名前もここから順次明らかになっていく。数字トリオ1人目は「ななみ
 電撃G's magaizine.comで校章デザインの投票が開始。

☆イラストストーリーが始まって、コレだよコレ!と思いましたw あと、さりげなくいわゆる数字トリオの顔と名前が載っていることに気付いた人はどれくらいいたのでしょうか?それはそうと、123、456ときて今回の789でいよいよ打ち止めかなという気もしますよね。

8月17日 グループ名投票開始
 電撃G's magazine.comでグループ名の決戦投票が開始される。

☆いよいよ恒例のグループ名募集が来たか!と思いましたw

8月30日 ラブライブ!スーパースター!!ロゴデザイン公開
 電撃G's magazine 2020年10月号にて、ラブライブ!スーパースター!!の正式なロゴデザインが公開になった。

☆まぁそうなりますよねwというデザイン。

9月16日 グループ名が「Liella!」に決定
 グループ名が「Liella!」に決定したことが発表された。

☆グループ名を採用されたとらさんの喜びのツイートも拝見しました。おめでとう!

9月18日 ラブライブ!総合マガジンにグループ名掲載
 ラブライブ!総合マガジンLoveLive!Days Vol.09にグループ名が「Liella!」に決定と掲載される。イラストストーリーは嵐千砂都、平安名すみれ、葉月 恋。数字トリオ2人目は「やえ」。校章デザインが決定。
 名物パンのアイディア募集が開始。
 電撃G's magazine.comでジャージのデザインの投票が開始。

☆校章デザインは音楽学校というワケでもなさそうだからそれ系のを外すとコレかコレかな?と思って投票していたもののコレの方でしたw

11月16日 名物パン投票&マスコットキャラクター募集開始
 ラブライブ!総合マガジンLoveLive!Days Vol.10のイラストストーリーは澁谷かのん&嵐千砂都、唐 可可&平安名すみれのペア。Liella!の公式ロゴデザインも初掲載。数字トリオ3人目は「ここの」。ジャージデザインが決定。
 学校マスコットキャラクターのアイディア募集がスタート(2021年1月8日まで募集中)。
 電撃G's magazine.comで名物パンの投票が開始。

☆良い機会なのでパン投票でラブライブ!スーパースター!!に期待することもいっぱい送りましたw

12月14日 キャスト発表&デビューシングル「始まりは君の空」リリース発表
 Liella!メンバーのキャストおよびデビューシングルのリリース決定が発表され、公式サイトのメンバー紹介にもキャスト情報やキャラクターアイコンが追加された。

☆きたあああ!ってなりましたw すぐさまキャストのみんなのtwitterアカウントを探してフォロー(リスト作りました)。いろいろ調べて知れば知るほどワクワクする一日になりました。あと、デビューシングルの「始まりは君の空」っていうタイトル、良いですよね…。「君」というワードが入っているのもラブライブ!のデビュー曲だ!という感じです。略称は「きみそら」になるのでしょうか。あと、ふと気付いたのですが、今回からアニメーションMVっていう表記になっているんですよね。まぁ実際の所PV(Promotion Video)というよりMV(Music Video)の方が適切だろうということでのこのタイミングでの表記見直しだと思いますが。

最新の情報に更新された新たな紹介動画が公開

☆映像も音楽もとてもとても素敵。特に最後の曲の終わりの部分が本当に綺麗。

12月15日 ラブライブ!総合マガジンにキャスト情報掲載
 ラブライブ!総合マガジンLoveLive!Days Vol.11にキャストの情報および撮り下ろし写真とキャストコメント、デビューシングルリリース決定の知らせが掲載。イラストストーリーは澁谷かのん&唐 可可、平安名すみれ&葉月 恋のペア。
 校内自動販売機のオリジナルドリンクのアイディアを募集開始(2021年2月8日まで募集中)。

☆かのんの好きな言葉が「雲の上はいつも晴れ」というのを知って、「始まりは君の空」というデビュー曲タイトルとなにか繋がったような気がしました。あと、まだまだアイディア募集は続くw いろんなものをみんなで作っていく感じ、良いと思います!



 こうして振り返ってみると、この1年でちょっとずついろんな事を決めたりしてきて(というかまだまだいろいろ決めていく楽しみがありそうですが)、いよいよ準備が整った、という感じですね。
 そして2021年1月にはデビューシングルの続報が発表される予定です。衣装デザインとか出てきそう。
 おそらく翌2月の総合マガジンと2月末のG's本誌がLiella!表紙&巻頭特集になるでしょうから、更なる詳細や発表も(もしかするとキャスト生放送も?)そのタイミングで何かあるのではないかと期待していますし、新設校という設定らしく春から本格的に活動開始という感じになりそうですね。

 1年の準備期間(もちろん水面下ではもっと前から動いていたでしょうけれど)を経ていよいよ本格的に動き出すラブライブ!スーパースター!!
 Liella!のデビューとこれからの活躍が本当に楽しみです!
 5人で五つ星な輝きを手にして欲しい!

 「ラブライブ!スーパースター!!」公式Webサイト



 ■12/17追記:Liella!のロゴが紫なのは、Aqours(青)とμ’s(赤)の中間の色(やや赤寄り)ということなのかなと思ったり。
ロゴの色hsb_color_.png

 あと、ラブライブ!スーパースター!!の公式Webサイトの黄緑色や「!」の星の黄色は紫の補色・対照色相ですね。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標または登録商標です。

引用の範囲を超えた無断転載・盗用等は固くお断りいたします。
(C)2010 yamakazu0215 All Rights Reserved.