SSブログ

2019年を振り返ってみる。 [雑記]

2019
 2019年はラブライブ!プロジェクトの9周年メモリアルイヤーの始まりということもあり、様々な展開が目白押しでした。他にも、平成が終わり令和が始まるなど、いろんな出来事があった2019年を振り返ってみます。

1月:「劇場版ラブライブ!サンシャイン!!」公開ココスコラボ
2月:「劇場版シティーハンター 新宿プライベートアイズ」公開
3月:セガフェスで「新サクラ大戦」が今冬発売と正式発表
4月:平成が終わる・Aqoursコラボウォークマン購入
5月:令和が始まる・ときめきメモリアル25周年ライブライブ!9周年の展開が発表に
6月:Aqours 5thライブ淡島で謎解きPCエンジンmini発表
7月:FF14「漆黒のヴィランズ」発売・狩野川花火大会は今年も台風で一部中止に
8月:学校祭中止の危機からの脱出に参加・九州北部で記録的豪雨
9月:Aqours 4thシングル「未体験HORIZON」発売
10月:「今日は1日ラブライブ!三昧2」放送
11月:ブログ開設9周年
12月:プレイステーション25周年「新サクラ大戦」発売虹ヶ咲1stライブ


 AqoursCLUBのこたつスペシャル動画、そしてラブライブ!サンシャイン!!の劇場版公開。ココスでのキャンペーンや2月の劇場版シティーハンターの公開と合わせて、毎週のように映画館に通った年明け。
 1月15日には「ときめきアイドル」のサービスがリリース1周年を待たずして終了…したのですが、オフライン版に移行して引き続き遊べるだけでなく、その後もCDのリリースは続き、情報番組もスタートし12月からは2期シリーズが始まるなど、展開が収束するどころか以前より活発になっている感すらある状態です。ときメモシリーズのメモリアルイヤーに特に大きな展開が無かったのは残念ではありますが、来年の展開にも引き続き注目していきたいところ。

 2月には小惑星探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウへのタッチダウンに成功。探査機のカメラが捉えたタッチダウンの映像(YouTube)は感動的なものがありましたね。その後も数々のミッションを成功させ、来年末には地球に帰還する予定とのことで、無事採取したサンプルを持ち帰り成果が明らかになるのが楽しみです。

 3月には遂に「新サクラ大戦」の今冬発売が正式発表に。その後、情報番組として「帝劇宣伝部通信」が始まり、毎月のように新情報が飛び出し、あっという間に発売を迎えた感じでしたね。
 4月には予約していたウォークマンのラブライブ!サンシャイン!!限定モデルを入手。
 そして4月で「平成」が終わり、5月からは「令和」が始まりました。
 そしてラブライブ!9周年の怒濤の展開が発表に。
 6月にはAqoursの5thライブ。淡島で始めて脱出ゲームなるものに参加したのも良い思い出です。8月に参加した「学校祭中止の危機からの脱出」もとても楽しくて、夏の良い思い出になりました。「くまのがっこう展」も良かった。
 7月の狩野川花火大会は今年も台風で一部日程が中止となり、予定されていたAqoursのゲスト出演も中止に。来年こそはお天気に恵まれることを願っています。

 8月には九州北部で記録的な豪雨がありました。去年の7月(ちょうどAqours 3rdライブツアー福岡公演の直前だった)の豪雨も凄かったのですが、今回はそれ以上の大きな被害に。
 今回、災害時には関係機関や地元自治体が発信する情報が最も早くて役に立つというのを改めて実感しましたね。地元のケーブルテレビでは役所の定期対策会議を生中継していて、どのような状況で、どのように役所が動き支援が来ているのか把握できましたし、河川や道路の状況なども防災チャンネルなどで定点カメラの映像を確認するのが確実。河川事務所のWebサイト等で川の水位の変化も調べることが可能ですから、インターネットやテレビを見られるのならそういった情報にアクセスするのが最も確実で役に立ちます。
 あと、ハザードマップは災害リスクの把握に役に立ちます。浸水危険域がほぼその通りに実際に浸水していたようですし、崖崩れのリスクがあるとされていたまさにその場所で崖崩れも起きていました。大げさなようでもそれなりの根拠に基づいているので比較的正しいというのを実感しました。この機会に改めて確認しておくのも良いと思います。
 そして、こういう災害時に、無駄な行動で邪魔をしない、必要以上に騒がない、印象操作や誤情報に踊らされない、といったことは大事だと思います。

 9月のゲームショウは今年もネットの中継などを見ていたのですが、いつになく盛り上がりが感じられて楽しそうでしたね。「新サクラ大戦」の4日連続怒濤の新発表や、コナミのPCエンジンmini関連ステージが面白かった。
 秋にはAqoursや虹ヶ咲のCDリリースも続き、虹ヶ咲は12月に待望のFirstライブを開催。アニメ化も発表され大きな一歩を踏み出しただけでなく、ラブライブ!フェスに向けてファンの期待度や注目度も高まったのではないでしょうか。



■ゲーム関連
・「ときめきアイドル」サービス…終了?
・FF14「漆黒のヴィランズ」が大好評!
・「新サクラ大戦」ついに発売!
・PCエンジンminiに期待!

 今年のゲーム業界はかなり話題作揃いだったのではないでしょうか(海外のビックタイトルが比較的“凪ぎ”の時期だったこともあり、国内タイトルがより目立っていた印象もあります)。ゲームショウもいつにも増して盛り上がっていたように感じました。そしていよいよゲーム機も次の世代の話題が出始めてきました。PS4世代から家庭用ゲーム機も中身は“ほぼPC”になってきていて、次の世代もスペック的にはPCの進化と同じような感じになる(そこに専用機ならではのプラスアルファがある)のではないかと言われていますね。

 そんな中で、今年は「FINAL FANTASY XIV」3つめの拡張ディスクとなる「漆黒のヴィランズ」がとにかく面白かった。これに尽きますね。クライマックス~エンディングにかけてが特に怒濤の展開で熱かった。
 また、前作「サクラ大戦V」から14年ぶりとなるシリーズ最新作、「新サクラ大戦」も遂に発売になりました。3月に発表されてからあっという間でしたね。帝劇宣伝部通信で毎月のように新発表で話題性に事欠かなかったというのも大きい。まだ序盤なのですが、じっくりプレイしていきたい。
 そして、発売は来年ですが「PCエンジンmini」も発表になりました。最初の頃はメガドラminiが話題を振りまいていた時期だったので少し霞んでいた感じでしたが、TGS辺りから徐々に注目を集めてきている気がします。個人的にも思い入れの強いゲーム機だったので、発売が楽しみです。
 1月にサービスが終了した…はずの「ときめきアイドル」は、むしろサービス中より活発なんじゃ?という勢いでCDリリースやプロモーションが続いています。来年の展開にも注目していきたいところ。


■アニメ関連
・「劇場版ラブライブ!サンシャイン!!」が最高だった!
・「劇場版シティーハンター」も最高だった!
・「スター☆トゥインクルプリキュア」が面白い!
・「川柳少女」も面白かった!
・「ゾンビランドサガ」その後。

 「劇場版ラブライブ!サンシャイン!!」と「劇場版シティーハンター」の公開で、1月~2月にかけては毎週のように映画館に通っていました。映画を見に行ってココスでご飯を食べて、という日々が楽しかったですね。
 「劇場版ラブライブ!サンシャイン!!」ではライブビューイングでの初日舞台挨拶の他、初めて生でも舞台挨拶を見ることができたのも良い思い出です。

 TVアニメではいよいよクライマックスを迎える「スター☆トゥインクルプリキュア」が面白くて、毎週の放送が楽しみでした。映画もすごく評判が良いので、映画のBlu-rayが出たら買おうと思っています。
 あとは、りきゃこがエンディング主題歌を務めた「川柳少女」や、ラブライブ!で演出も担当されていた臼井さんが監督を務めた「手品先輩」なんかも面白かった。
 そして昨年話題を振りまいた「ゾンビランドサガ」は劇中のライブ会場にもなった佐賀唐津のアルピノでワンマンライブを開催。TVアニメの2期決定も発表されましたね。


■イベント関連
・初めて脱出ゲームなるものを体験。面白かった!

 初めて脱出ゲームというものにに参加しました。5thライブの時に参加した淡島での「孤島の水族館からの脱出」は、Aqoursのみんなと島を巡って謎を解いている感覚が味わえて、雨の降る中でしたがとても楽しかった。
 「学校祭中止の危機からの脱出」は本当に浦女の学校祭に参加してきたかのような体験ができて、良い夏の思い出になりました。もし再演があるならまた参加したいですね。


■ラブライブ!関連
・去年から続いた怒濤のユニット対抗戦ファンミーティングツアーがついに決着!
・「劇場版ラブライブ!サンシャイン!!」公開!
・Aqours 5thライブが素晴らしかった!虹!
・9周年メモリアルイヤー、怒濤の展開が発表に!
・アニサマ2日目、Aqoursがトリを務める!
・「ラブライブ!シリーズのオールナイトニッポンGOLD」スタート!

 Aqoursは2018年後半から長らく続いたユニット対抗戦ファンミツアーに加えて、劇場版の公開に舞台挨拶と、ほぼ毎週どこかでAqours関連の何かがある怒濤の日々が続いた上半期。ユニット対抗戦はAZALEAの優勝で幕を閉じました。来年発売されるファンディスク(Amazon)に「てくてくAqoursプレミアム」としてご褒美の海外旅行ロケの様子が収録されるそうです。
 6月のメットライフドームでの5thライブも素晴らしかった。1日目に虹の一部になれたのは良い思い出です。
 下半期に入るとイベント系の活動は一段落し抑え気味に(下半期はむしろTV出演などの活躍が目立ちました)。この機会に個人での新たな活動をスタートさせるメンバーも多かったですね。
 8月には今年もアニサマに出演。Day1は逢田さんが初のソロで、Day2ではAqoursがなんとトリを飾り、Day3には虹ヶ咲学園が初出演しました。
 そしてAqours待望の4thシングルがリリース。やはりラブライブ!プロジェクトにPV付きナンバリングシングルは欠かせないですよね。東京ドームライブも実現し、劇場版も公開し、いよいよ“未体験の領域”に踏み込むAqoursが、これからどんな展開・活躍を見せてくれるのか楽しみです。
 そうそう、エイプリルフールの浦女模試も面白かった。来年の4月1日も期待w

 今年ラブライブ!はプロジェクトとして9周年のメモリアルイヤーということもあり、「ラブライブ!総合マガジン」の刊行や、「ラブライブ!シリーズのオールナイトニッポンGOLD」のレギュラー放送開始、「今日は一日ラブライブ!三昧2」など、グループ大集合な展開も数多くありました。μ’sとしての活動を久々に楽しむこともできましたし、それぞれのグループの個性もより見えてきたのではないでしょうか。


 そして来年1月18日、19日には、いよいよ9周年記念の目玉、待望の「ラブライブ!フェス」が開催されます。どのような夢のステージになるのか、楽しみですね!


 それでは皆様、よいお年をお迎えください!


■写真追加
DSC00360_rs.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標または登録商標です。

引用の範囲を超えた無断転載・盗用等は固くお断りいたします。
(C)2010 yamakazu0215 All Rights Reserved.