SSブログ

祝!プレイステーション25周年 [ゲーム]

 「1・2・3でゲームが変わる」
 1994年12月3日に初代プレイステーションが発売されてからなんと25年ですよ!

 自分も発売日に買いましたね。ソフトは「リッジレーサー」と「極上パロディウス」を買った記憶。あと初期の頃に買ったソフトといえば、「クライムクラッカーズ」も意外と面白かったですね。
 次世代ハード、次世代機戦争などとも呼ばれていた当時、個人的にはそれ以前が任天堂でもセガでもなくPCエンジンにどっぷりだったのでPC-FXにも少しは期待していたのですが、いろいろ情報が出そろってくるにつれてこれは微妙だなと(苦笑)。逆にソニーの挑戦心には大きく惹かれるものがあったんですよね。
 それまでセガのゲーム機には全く触れてこなかったというのもありますし、元々ウチはAV機器は基本ソニーで自分もソニー好きでしたし、ソニーのゲーム機といえば(厳密に言えばゲーム機ではありませんが)MSXでも遊んでいたので、デザインやソフトラインナップ、ブランドイメージ、そして可能性に賭けてプレイステーションを選ぶことに。

 ゲーム機メーカーといえば任天堂かセガという時代。多くの人がソニーの参入は家電メーカーの興味本位的、挑戦者的な捉え方だったと思います。そんな中で、徹底的に当時のゲームビジネスを分析し、メーカーやショップの声を真摯に訊き改善・改革し、これまでの常識を覆したことは成功の大きな一因だったのではないでしょうか。CD-ROMの素早いリピート生産と流通もウリにしていましたし、当時高騰の一途だったゲームソフトの値段をCD-ROMや流通体制の改革などで5,000円前後まで下げた功績も大きかった。
 流通やプロモーションの手法などでも大きく革命を起こしたハードで、斬新なCMはもちろん、今のゲームの流通やビジネスモデルの基礎を築きました。

 当時新規参入だったソニーは任天堂やセガとは違ってメジャーな自社タイトルを持っていなかったのですが、それだけにユニークで挑戦的なゲームも多くありました。「ジャンピングフラッシュ」は家庭用3Dゲームの黎明期だからこその3Dならではのアイディアが光る名作ゲームでしたね。
 他にも「バーチャファイター」の対抗馬的な位置づけでもあった「闘神伝」は、「リッジレーサー」などと並んで初期のプレイステーションに貢献したタイトルのひとつです(3D対戦武器格闘の元祖的なソフトでもある)。
 また、当時は「プレプレ」というCD-ROM付き会報があって、いち早く最新情報や体験版を遊ぶことができ、定期的に届くのを楽しみにしていたものです。
 そして「ファイナルファンタジーVII」の衝撃。今で言うところのディザーCMには度肝を抜かれましたし、FF7の発売がプレイステーションの不動の地位を決定づけたと言っても過言ではないでしょう。

 「1・2・3でゲームが変わる」というTVCMはあまりにも有名ですが、あの日本当にゲームの歴史は変わったんだと思います。

 25周年、おめでとうございます!


コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標または登録商標です。

引用の範囲を超えた無断転載・盗用等は固くお断りいたします。
(C)2010 yamakazu0215 All Rights Reserved.