SSブログ

ドラゴンクエスト30周年! [ゲーム]

 国民的PRGとも呼ばれる「ドラゴンクエスト」が、遂にシリーズ30周年を迎えました!! リアルタイムに体験してきた世代なので、すこし思い出話でも。

 ドラクエとの最初の出会いはそれこそ第一作目の「ドラゴンクエスト」からでした。
 とはいえ、買って遊んだのは2からで、1は友達の家で遊んだのとか、モンスターが描かれたポスターとかを覚えてます。
 この頃はまだRPGといえば「ウルティマ」とか「ウィザードリー」「ハイドライド」とかだったかなぁ。「ハイドライド」をMSXで遊んでいた記憶があります。そういったゲームと比べるとドラクエは圧倒的にとっつきやすく遊びやすかったですよね。

 2はパーティを組むという概念がインパクトがあって、ちびっ子たちは驚いたものです。そしてロンダルキアの洞窟が難所ですごく苦労した思い出が…。あと、この頃ファミコン通信(現:ファミ通)で連載されていた桜玉吉の「しあわせのかたち」がドラクエ2のパロディをやってて、ドラクエ2といえば「しあわせのかたち」というイメージがあります。
 そうそう、当時はセーブなんてものは無かったので「ふっかつのじゅもん(パスワード)」をノートに書き写しておくのだけど、大事な場面なんかは念のために2種類書き写したりしてましたね(なぜかふっかつの呪文が通らなくて、書き間違えそうな文字を一つ一つ試していくというあるある)。「ふっかつのじゅもん」っていうネーミングも見事だし、じゅもんをノートに書くっていう行為自体もある種のロールプレイ的で面白かったなぁ。

 3の頃にはドラクエも完全に話題の超人気シリーズになっていて、ファミ通やジャンプに載っている情報を見てワクワクしながら発売を待っていたものです。当時は今の様にゲームショップなんてものは影も形も無くて、おもちゃ屋さんがおもちゃの一種としてファミコンを扱っていた時代。買うのに苦労する、おもちゃに予約が殺到して買うのが大変…なんてのは当時としては驚きの出来事でしたよね…。

 3から搭載されたバッテリーバックアップ(電池で通電させることでデータを記憶させていた)は当時画期的でしたが、ふとした衝撃で消えてしまうこともあり“あのメロディー”は多くの人のトラウマになっているのではないでしょうか(笑)。
 後にロト3部作の完結編と位置づけられる「3」は、シリーズの中でも屈指の名作。個人的にも、ドラクエシリーズで好きなものを挙げるならダントツで「3」ですね。とにかく面白かったし夢中になって遊びました。…というか、4以降は実はあまりやってないんですよ。なので、ドラクエはファミコンの印象がいちばん強いというのもあります。
 ドラクエ1~4の頃は、オーケストラ演奏が収録されたCDも買って沢山聴いてました。グッズも色々買ったなぁ。あと、いのまたむつみの挿絵で小説も出版されてたんですよ。しかもハードカバー。


 ハードをスーパーファミコンに移しての5、6。このあたりから開発期間が長くなり始めて、長いブランクを経てようやく初代PlayStationで出た「7」は、まさに待ちに待った待望の新作ではあったものの、取って付けたようなムービーなどは表現としても技術的にも時代遅れ感が無きにしも非ずだったりもしました。
 PS2で発売になった「8」は今のレベルファイブの繁栄の礎を築いたと言っても過言ではないでしょう。


 30年経った今なお多くのゲームファンに愛され、ゲームならではの遊びと楽しさに満ちているドラゴンクエスト。これからも末永く、日本を代表する、RPGを代表するタイトルとして続いて行ってほしいですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標または登録商標です。

引用の範囲を超えた無断転載・盗用等は固くお断りいたします。
(C)2010 yamakazu0215 All Rights Reserved.